ビジネスモデル

革新的な創薬基盤技術の活用により、持続的なパイプラインの拡充および収益源の確保の可能性

当社は近年のM&Aにより、革新的な創薬基盤技術を持つ会社を子会社として当社グループに迎え入れました。これらの子会社の持つ創薬基盤技術を基に研究開発を推進し、他社への技術提供、自社開発や開発品の導出等、様々な形での商業化を目指し、一日も早く斬新的な医薬品を患者さんに届けることで社会に貢献したいと考えています。